FC2ブログ
日常的記録文書

2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


著者 : 鯨統一郎
発行元 : 角川書店
文庫版発行 : 2003.10

伝説の文芸同人誌の復刊を目指す大学文芸部の活動と彼らを襲う惨劇の対比が鮮烈な文庫書き下ろし作品。

こんな人にお薦め

* 青春ミステリが好きなあなた
* サークル活動とかに打ち込んだ経験のあるあなた
* ハッピーエンドなんていらない! なあなた

あらすじ

以下文庫版裏表紙より引用

「伝説の文芸誌『あすなろの詩』を復刊しよう」――同じ志のもとに集まった6人の大学生たち。
小説家になることを夢見て、切磋琢磨する日々。
やがて芽生える友情、そして恋。

しかし…。
「あすなろの詩」が完成したとき恐るべき惨劇が待ち受けていることを、彼らは知るよしもなかった――。

希代のトリックスターが投げかける、かつてない「挑発」!「本格」青春ミステリー!

この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
あすなろの詩」 書評ページ
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sideflip.blog75.fc2.com/tb.php/82-a1e6a9ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。