FC2ブログ
日常的記録文書

2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


著者 : 倉知淳
発行元 : 東京創元社
単行本発行 : 1995.6
文庫版発行 : 2003.7

猫丸先輩シリーズ第2作にして、現在唯一の長編作品。
こんな人にお薦め

* 猫丸先輩ファンなあなた

あらすじ

以下文庫版裏表紙より引用

亡き妻に謝罪したい――引退した不動産業者・方城兵馬の願いを叶えるため、長男の直嗣が連れてきたのは霊媒だった。
インチキを暴こうとする超常現象の研究者までが方城家を訪れ騒然とする中、密室状況下で兵馬が撲殺される。
霊媒は悪霊の仕業と主張、かくて行なわれた調伏のための降霊会で第二の惨劇が勃発する。

名探偵・猫丸先輩が全ての謎を解き明かす、本格探偵小説の雄編。

この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
過ぎ行く風はみどり色」 書評ページ
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sideflip.blog75.fc2.com/tb.php/81-36be7ca8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。