FC2ブログ
日常的記録文書

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しまった……。
紙一重の差で2月になってしまったので、12月分の読書まとめのデーターがとれない……。

仕方がないので一応書いておきましょう。

12月に読んだ本

……あれ?
こんだけか。
まあ忙しかったし、ホームページ関連なんかの勉強の方に夢中だったしなぁ。

で、1月

13冊。
最近のわたしにしては多いですな。
やはりその原動力は、鯨統一郎。
ファンサイトを作ろうと、再読、初読取り混ぜて結構読みましたねぇ。

Rの刻印もゲームとしては、なかなか楽しませていただきました。
小沼丹先生は全く知らなかったので、拾いものでした。
そして、ついに京極堂にも踏み出してしまいました。

そう思い起こすと、非常に有意義な読書ができた月だったと思います。

鯨ファンサイトも、だいぶん体裁が整って参りました。
いちびって、movabletypeなぞを導入してサイト構築をしているので、どうも色々うまくいかず困っていますけれど、よければご覧ください。

鯨統一郎ファンサイト くじら学習塾へようこそ!

うはぁ。
こうしてみると、なんてベタなタイトルなんだ。

まあよいわ。
ファンサイトなんだからベタベタでいいんだから!!
1月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:4799ページ

月に吠えろ!―萩原朔太郎の事件簿 (徳間文庫)月に吠えろ!―萩原朔太郎の事件簿 (徳間文庫)
読了日:01月30日 著者:鯨 統一郎
文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)
読了日:01月28日 著者:京極 夏彦
彼女が死んだ夜 (幻冬舎文庫 に 8-3)彼女が死んだ夜 (幻冬舎文庫 に 8-3)
読了日:01月25日 著者:西澤 保彦
新・世界の七不思議 (創元推理文庫)新・世界の七不思議 (創元推理文庫)
「邪馬台国」よりはただの仮説の羅列になっていますが、続編が出たこと自体に感謝!
読了日:01月23日 著者:鯨 統一郎
タイムスリップ明治維新 (講談社文庫)タイムスリップ明治維新 (講談社文庫)
「邪馬台国はどこですか?」を読んでからこれを読むのが吉
読了日:01月21日 著者:鯨 統一郎
間暮警部の事件簿 マグレと都市伝説 (小学館文庫 く 2-2)間暮警部の事件簿 マグレと都市伝説 (小学館文庫 く 2-2)
読了日:01月20日 著者:鯨 統一郎
KAIKETSU!赤頭巾侍 (徳間文庫)KAIKETSU!赤頭巾侍 (徳間文庫)
読了日:01月17日 著者:鯨 統一郎
鬼のすべて (光文社文庫 く 10-7)鬼のすべて (光文社文庫 く 10-7)
鯨先生の作品には珍しく、ストレートな謎解きでした。
読了日:01月16日 著者:鯨統一郎
「神田川」見立て殺人―間暮警部の事件簿 (文芸ポストNOVELS)「神田川」見立て殺人―間暮警部の事件簿 (文芸ポストNOVELS)
読了日:01月15日 著者:鯨 統一郎
邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫)邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫)
後半は少しこじつけっぽいが、面白い。
読了日:01月14日 著者:鯨 統一郎
黒いハンカチ (創元推理文庫)黒いハンカチ (創元推理文庫)
読了日:01月12日 著者:小沼 丹
Rの刻印 読者参加型犯人当てミステリーRの刻印 読者参加型犯人当てミステリー
あくまでも小説というより、犯人当てクイズ本と思って読むとよいかも。悪口ではありません。楽しかったですよ。
読了日:01月03日 著者:ふじしろ やまと
亜智一郎の恐慌 (創元推理文庫)亜智一郎の恐慌 (創元推理文庫)
亜愛一郎のご先祖様。愛一郎よりりりしい感じ。
読了日:01月01日 著者:泡坂 妻夫

読書メーター
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
「くじら学習塾」オープンおめでとうございます!
楽しく読ませて頂きました。
私は鯨作品はまだ5冊ぐらいしか読めていませんので、これから少しずつ増やしていこうと思います。

本人が遊びに来てくれるようになるといいですね!
2009/02/05(木) 00:41 | URL | 音倉誓示 #-[ 編集]
>音倉さん
いやぁ、まだまだろくにコンテンツもないので、オープンとはとても言えない感じですが、これから頑張ろうと思います!
2009/02/05(木) 08:18 | URL | FLIP #X6AIgIjQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sideflip.blog75.fc2.com/tb.php/75-c68f3cc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ミステリアス学園 (光文社文庫)(2006/04/12)鯨統 一郎商品詳細を見るミステリアス学園ミステリ研究会、略して「ミスミス研」。ミステリは松本清張...
2009/05/08(金) 00:40:19 | 謎と論理と遊び心
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。