日常的記録文書

2018/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相変わらず鯨先生強化キャンペーン中です。



現代の殺人事件を追いながら、伝承上の「鬼」の正体に迫る、鯨先生お得意の歴史・伝説の謎を絡めた作品。

なかなか多彩な謎と、ミスリードの罠、伏線などがたくさん盛り込まれていまして、失礼ながら、鯨先生にしては正当派本格ミステリになっているように思います。

民間伝承上の「鬼」の正体に迫る謎解きも面白いです。
タイトルを見ると、なんだか堅苦しそうですが、そこは鯨先生のこと。
一気に読んでしまえる軽妙な文章ですのでご安心を。


こんな人にお薦め

* 心に「鬼」が棲んでいるかもしれないあなた
* 無難なところから鯨ワールドに入りたいあなた
* 鯨作品は本格ミステリとは言えないと思い込んでいるあなた

この作品の詳細な書評はコチラ ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「鬼のすべて」 書評ページ
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sideflip.blog75.fc2.com/tb.php/67-abd725fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。