FC2ブログ
日常的記録文書

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、ミステリ作家としてあまりなじみのない小沼丹先生の短編集「黒ハンカチ」です。

女学校の教師であるニシ・アズマ先生が、鋭い観察眼でもって身の回りに起こる事件を解決してゆく……という物語です。そう聞くと「日常の謎」系統のお話のようですが、実際そんな雰囲気です。
ただし、事件としては殺人、強盗、盗難……と結構物騒なのですが、あくまでも事件に対するアプローチが日常に良くあるような些細なことに対する観察から始まる、という点で「日常の謎」と言ってもよいと思います。



それにしても、初版が刊行されたのがなんと昭和38年。
そんな時代にこんなに現代にマッチするスタイルの本を書かれているとは驚きです。

登場人物達を温かく見守る、という雰囲気の文章も一見の価値ありですよ。

この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP 開かずの書斎 「黒いハンカチ」 書評ページ
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sideflip.blog75.fc2.com/tb.php/64-15bdce41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。