日常的記録文書

2018/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、ご自身奇術師でもいらっしゃる泡坂妻夫先生のこの作品です。


泡坂先生の書く人気探偵「亜愛一郎」のご先祖様「亜智一郎」が江戸幕府の閑職「雲見番」に身をやつし、将軍直属の隠密として、陰謀を暴き、謎を解く、連作短編集です。

ミステリとしては強引な謎が多い感がありますが、大奥、芝居、花街、花魁などその時代独特の風俗、文化に絡めた謎の提示が読者を飽きさせません。
とにかく「亜愛一郎」シリーズの読者なら必見です!

この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎 「亜智一郎の恐慌」 書評ページ
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sideflip.blog75.fc2.com/tb.php/62-ddb1ab2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。