FC2ブログ
日常的記録文書

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は森博嗣先生の、犀川助教授と西之園萌絵のコンビが活躍するS&Mシリーズの第6弾です。
次作「夏のレプリカ?」と対の構成になっていて、本作の章立ては奇数章のみで構成されているようです。
解説はプリンセス・テンコーこと二代目引田天功さん。



さて、本作は殺人事件に遺体消失といろんな事件が起こるのですが、そのすべてがイリュージョン(マジック)と絡めて書かれています……が、個々のイリュージョンに惑わされる事なかれ!


私は大いに惑わされましたがw

この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎 「幻惑の死と使途 ILLUSION ACTS LIKE MAGIC」書評ページ
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございました。
ブログの方にコメント入れさせていただきますね。

私はこの作品、マジックを観ているかのように、ワクワクしながら読みました。いや~しかし、とんでもないマジックが仕掛けられていましたね~。最後のアレもマジックでは?とか思っちゃいましたw でも犀川先生の様子を見ているとどうやら本当らしいと分かりましたが。
2008/12/21(日) 23:55 | URL | 翠香 #WgHGdqz6[ 編集]
>翠香さん

コメントありがとです^^
最後のアレはどうなんでしょうねぇ。
森先生は一応事件の謎を明らかにしておいて、さりげなく他の謎を残すようなことがありますよね。
笑わない数学者もそうでしたし……。
またいずれ再読するときの考察材料として取っておきます^^
2008/12/22(月) 07:01 | URL | FLIP #X6AIgIjQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sideflip.blog75.fc2.com/tb.php/59-720dfa55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。