FC2ブログ
日常的記録文書

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は、元少女小説家で、現在は怪奇小説、幻想小説、青春小説、そしてミステリとジャンル不定の活躍をされている津原泰水先生の「ルピナス探偵団の当惑」です。

吾魚彩子はじめとする高校生達と、潔い壊れっぷりの刑事であるお姉さんが不条理な謎を解き明かす短編集です。
ミステリとしてはライトな感じですが、とにかく笑えて、温かい気持ちになるのに、なぜかちょっと薄ら寒いものも感じさせられるという、不思議な作品です。

この本についての詳しい書評はこちら↓

SIDE_FLIP あかずの書斎 「ルピナス探偵団の当惑」書評ページ
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sideflip.blog75.fc2.com/tb.php/47-850ace6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。