日常的記録文書

2009/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
童話新解釈とアリバイ崩しミステリ、そして昭和オタクネタが詰まったお得な一冊です。




著者 : 鯨統一郎
発行元 : 光文社
新書版発行 : 2001.6
文庫版発行 : 2004.6

桜川東子(さくらがわ はるこ)が童話・民話に隠された謎に絡めて難事件を解決するシリーズ第一弾です。まだ、桜川さんのキャラの魅力はできあがっていないような感じを受けます。
でも、オタクネタ、ミステリ要素、新解釈と鯨先生らしい要素がバランスよく入っていますので、鯨先生入門にもよい一冊だと思います。

収録作品

* 第一話 ヘンゼルとグレーテル
* 第二話 赤ずきん
* 第三話 ブレーメンの音楽隊
* 第四話 シンデレラ
* 第五話 白雪姫
* 第六話 長靴をはいた猫
* 第七話 いばら姫
* 第八話 狼と七匹の子ヤギ
* 第九話 小人の靴屋

こんな人にお薦め

* 大人になってから童話を読み返したことのあるあなた
* アリバイものが好きなあなた
* 安楽椅子探偵ものが好きなあなた


この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「九つの殺人メルヘン」 書評ページ
スポンサーサイト
マグレシリーズ(おそらく)完結編



著者 : 鯨統一郎
発行元 : 小学館
文庫版発行 : 2009.1

間暮警部シリーズの(おそらく)完結編。

初の長編で、今までのシリーズでちらほらと見え隠れしていた「ブラックローレライ」との全面対決!
そしてシリーズの謎の全貌が明らかになる。

こんな人にお薦め

* 昭和歌謡曲が好きなあなた
* 間暮警部シリーズが好きなあなた
* やっぱり年末は紅白なあなた

……っていうか

シリーズ未読の方にはおすすめしません!
怒濤のようにいろんな謎が明かされますので、ぜひシリーズはじめから読んでください。
シリーズの他の作品が楽しめなくなることはもちろん、この作品もよくわからないままエグイ展開に置いてきぼりを喰らう可能性がありますのでw


この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「完全無欠の名探偵」 書評ページ
一部ではすでに有名らしいのですが。

博覧強記のミステリ作家として有名な芦辺拓先生が、どうやらニコ動に参戦されている模様……。

しかもアイドルマスターの映像とお得意のレトロネタを組み合わせたMAD作品を自作して公開するという暴挙に出ている模様。

ちなみにHNは「森江春策P」w
きっちり自作品のマイリストも作成されていらっしゃいます。

公式に本人と認められているわけではないのですが、ここの記事や、2009年版「このミス」P43のご自身のコメントからも、おそらくご本人と察せられます。

比較的お堅い作風の芦辺先生ですが時折なにをトチ狂ったのか「名探偵Z」などのぶっ飛んだ作品を発表されるなどの奇行も見られるところから、なんだか妙に納得してしまいます。

しかし……なぜに「アイマス」???


今回は知らない間に事件を解決してしまう、究極の安楽椅子探偵が登場するこの作品です。



著者 : 西澤保彦
発行元 : 講談社
新書版発行 : 1995.6
文庫版発行 : 1998.5

デビュー作「解体諸因」につづいて刊行された西澤先生の第2作。

解体諸因と同じく連作短編集の体裁をとっているが、探偵役の山吹みはるの「能力」など西澤SFミステリの原形とも言える要素が詰まった作品である。

こんな人にお薦め

* 安楽椅子探偵ものが好きなあなた
* 「連作」短編集が好きなあなた
* 西澤先生独特のSFミステリが好きなあなた(チョーモンインシリーズなど)

あらすじ

以下文庫版裏表紙より引用

遠く離れて暮らす孫娘りんのため、大富豪がお目付け役に送り込んだ青年山吹みはる。
「誰も嘘をつけないのよ、きみを前にすると」彼が短いあいづちを打つだけで、人々が勝手に記憶の糸を辿り、隠された意外な真相へと導かれる。

精緻なロジックで事件が分析、推理されていく究極のアームチェア探偵新登場。


この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
完全無欠の名探偵」 書評ページ


著者 : 鯨統一郎
発行元 : 角川書店
文庫版発行 : 2003.10

伝説の文芸同人誌の復刊を目指す大学文芸部の活動と彼らを襲う惨劇の対比が鮮烈な文庫書き下ろし作品。

こんな人にお薦め

* 青春ミステリが好きなあなた
* サークル活動とかに打ち込んだ経験のあるあなた
* ハッピーエンドなんていらない! なあなた

あらすじ

以下文庫版裏表紙より引用

「伝説の文芸誌『あすなろの詩』を復刊しよう」――同じ志のもとに集まった6人の大学生たち。
小説家になることを夢見て、切磋琢磨する日々。
やがて芽生える友情、そして恋。

しかし…。
「あすなろの詩」が完成したとき恐るべき惨劇が待ち受けていることを、彼らは知るよしもなかった――。

希代のトリックスターが投げかける、かつてない「挑発」!「本格」青春ミステリー!

この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
あすなろの詩」 書評ページ


著者 : 倉知淳
発行元 : 東京創元社
単行本発行 : 1995.6
文庫版発行 : 2003.7

猫丸先輩シリーズ第2作にして、現在唯一の長編作品。
こんな人にお薦め

* 猫丸先輩ファンなあなた

あらすじ

以下文庫版裏表紙より引用

亡き妻に謝罪したい――引退した不動産業者・方城兵馬の願いを叶えるため、長男の直嗣が連れてきたのは霊媒だった。
インチキを暴こうとする超常現象の研究者までが方城家を訪れ騒然とする中、密室状況下で兵馬が撲殺される。
霊媒は悪霊の仕業と主張、かくて行なわれた調伏のための降霊会で第二の惨劇が勃発する。

名探偵・猫丸先輩が全ての謎を解き明かす、本格探偵小説の雄編。

この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
過ぎ行く風はみどり色」 書評ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。