FC2ブログ
日常的記録文書

2008/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/02

さぁ。今回は詩人、萩原朔太郎が探偵です。


著者 : 鯨統一郎
発行元 : 徳間書店
新書版発行 : 2003.9
文庫版発行 : 2006.8

大正、昭和の詩人、萩原朔太郎を探偵役に据えた連作短編集。
詩人ならではのインスピレーションで事件を解決!

うーむ。
そもそも萩原朔太郎についての予備知識が不足しているせいか、もう一つ人物像がはっきりしません。
とりあえず、オンナスキーで、事件を解決するときはマンドリンを弾きながら入場してくる……。

うーむ。
まあ、萩原先生についてある程度の知識があればより一層楽しめそうであります。
最後の一話はちょっとしたサプライズ。
変な模様の蛇を飼っていたり、ある「色」の研究をしている妙な外国人が登場します。

収録作品

* 第一話 死者からの手紙
* 第二話 閉じた空
* 第三話 消えた夢二の絵
* 第四話 目の前で消えた恋人
* 第五話 ひとつの石
* 第六話 怪盗対名探偵
* 第七話 謎の英国人

こんな人にお薦め

* 萩原朔太郎についてよく知っているあなた
* オーソドックスな短編ミステリが読みたいあなた

この作品の詳しい書評はコチラ ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
月に吠えろ! 萩原朔太郎の事件簿」 書評ページ
スポンサーサイト



ついに手を出してしまった「京極堂」


著者 : 京極夏彦
発行元 : 講談社
新書版発行 : 1994.9
文庫版発行 : 1998.9
単行本発行 : 2003.8
分冊文庫版発行 : 2005.4

京極先生のデビュー作。
「京極堂」こと中禅寺秋彦、探偵の榎木津礼二郎らがさまざまな妖怪にちなんだ事件を解決する「百鬼夜行シリーズ」の第一作。

講談社に持ち込まれたこの作品が、「メフィスト賞」創設のきっかけになったとも言われます。

もっとミステリ離れした、伝奇小説のようなものを想像していましたが、なかなかしっかりミステリです。
とはいえ、かなり幻想的とも言えるシーンがありますが、京極堂の口を通じて語られる理論や世界観が記述者・関口の感性を通じて現実的なものとなって読者を覆ってしまい、不自然さを感じるヒマもないのはさすがです。

こんな人にお薦め

* 妖怪、陰陽道などのキーワードに反応してしまうあなた
* 伝奇的作風がお好みなあなた
* この先に広がる超長編な世界に足を踏み入れたいあなた

この作品の詳しい書評はコチラ ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「姑獲鳥の夏」 書評ページ
さて、鯨マラソンを一休みして、西澤先生の匠千暁シリーズです。

うん。ちょっと休まないと、脳みそが完全に鯨脳になってしまいそうですので。



著者 : 西澤保彦
発行元 : 角川書店
新書版発行 : 1996.8
文庫版発行 : 2000.5
発行元 : 幻冬舎
文庫版発行 : 2008.6

※ 角川書店から発売された新書版(角川ノベルス)には副題「匠千暁第一の事件」がついている。

匠千暁(タック)、辺見祐輔(ボアン先輩)、羽迫由起子(ウサコ)、高瀬千帆(タカチ)の四人が活躍するタック&タカチシリーズの第二弾。
時系列的には匠千暁シリーズ第一の事件である。

いつもの妄想爆裂型安楽椅子探偵小説ですが。
なかなかよかったです。

見事に裏に表にひっくり返してくださいました。

こんな人にお薦め

* 安楽椅子探偵型の物語がお好みのあなた
* 匠千暁シリーズの入口はコチラ
* ユーモアの中にもダークな味わいを求めるあなた

この作品の詳しい書評はコチラ ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「彼女が死んだ夜」 書評ページ
鯨マラソン一休み前の一冊はコチラ!


著者 : 鯨統一郎
発行元 : 東京創元社
文庫版発行 : 2005.2

「邪馬台国はどこですか?」につづいて、美人歴史学者・早乙女静香と在野の歴史研究家・宮田六郎が、繁華街のバーで歴史バトルを繰り広げます。

前作「邪馬台国はどこですか?」に比べると、史料に照らした論証の割合は減少し、少ない手がかりからひたすら論理(屁理屈?)の組み立てで結論を導くタイプの組み立てになっています。

まあ、扱うネタがネタなだけに、本格的な論証をこのボリュームに詰め込むことは無理でしょうし、ミステリとしてはこれでよいのかもしれません。

今回の謎は「新・世界の七不思議」
収録作品

* アトランティス大陸の不思議
* ストーンヘンジの不思議
* ピラミッドの不思議
* ノアの方舟の不思議
* 始皇帝の不思議
* ナスカの地上絵の不思議
* モアイ像の不思議

こんな人にお薦め

* 歴史、特に古代遺跡の謎が好きなあなた
* 気軽に読める短編集をお探しのあなた

この作品の詳しい書評はコチラ ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「マグレと都市伝説 間暮警部の事件簿」 書評ページ
鯨マラソン、少々疲れてまいりました。


女子高生、麓(ふもと)うららが歴史上の偉人と共に活躍する「タイムスリップ」シリーズ第二弾。
幕末にタイムスリップしてしまったうららは、坂本龍馬、勝海舟をはじめとする幕末の志士たちと協力し、無事に明治維新を起こすことが出来るのか?

はちゃめちゃながらも、鯨先生の歴史知識がベースにあるので、意外と物語世界に入り込める逸品です。

こんな人にお薦め

* 維新好きだけど冗談を笑って許せるあなた
* 「邪馬台国はどこですか?」がお気に入りなあなた
* はっきり言ってミステリじゃないけど、それでもいいあなた
* 読みやすいのに、濃い。そんな長編作品を探しているあなた

この作品の詳しい書評はコチラ ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「マグレと都市伝説 間暮警部の事件簿」 書評ページ
先週に引き続き、鯨マラソン継続中。


様々な都市伝説が絡む事件の真相を、間暮警部と谷田貝美琴が懐かしのヒット曲メドレーにのせて解決!

間暮警部の事件簿シリーズ第二弾です。

前作 「神田川」見立て殺人からさらにエスカレートし、今回は「~~メドレー見立て殺人」です。しかも、口裂け女や、人面犬など、懐かしい(?)都市伝説も事件解決のキーワードに!?

鯨流のこじつけ道の神髄を堪能しましょう!

収録作品

* 第一話 マグレと郷ひろみと高速で走る老女
* 第二話 マグレと太田裕美と白い糸
* 第三話 マグレと高田みづえと死体洗いのバイト
* 第四話 マグレと渡辺真知子と人面犬
* 第五話 マグレと小泉今日子と膝が痛い
* 第六話 マグレと近藤真彦と口裂け女
* 第七話 マグレと中森明菜とディズニーランドの誘拐


こんな人にお薦め

* 懐メロ歌謡曲が大好きなあなた
* 鯨流こじつけ道の神髄を味わいたいあなた

この作品の詳しい書評はコチラ ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「マグレと都市伝説 間暮警部の事件簿」 書評ページ

さて、週末の鯨先生集中連載もこれで一段落です。



江戸時代を舞台に、早とちりの剣豪が悪を斬る。……が、「悪」を証明すのはいつも斬ったあと。

ワンパターンの巨匠が贈る、痛快時代劇。
初版は2006年2月発売の単行本です。

元々時代劇というのは、毎回毎回ワンパターンなものが多いのですが、それに輪をかけたようなワンパターンさです。
でも、「ワンパターン」が悪口にならないのが鯨先生の作風です。

歌謡曲好き(だと思うw)の鯨先生のお遊びも、密かに炸裂しております。

収録作品

* 山吹の好きな狼
* 川を渡った狼
* 密室の狼
* 湯煙に消えた狼
* 走り抜けた狼
* 雪化粧の狼
* 狼の群れ
* 甦った狼

こんな人にお薦め

* (ワンパターンな)時代劇をこよなく愛するあなた
* とにかく気楽に楽しみたいあなた
* オフコースが好きなあなた(読まないとわかりませんが!)

この作品の詳しい書評はコチラ ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「KAIKETSU! 赤頭巾侍」 書評ページ
相変わらず鯨先生強化キャンペーン中です。



現代の殺人事件を追いながら、伝承上の「鬼」の正体に迫る、鯨先生お得意の歴史・伝説の謎を絡めた作品。

なかなか多彩な謎と、ミスリードの罠、伏線などがたくさん盛り込まれていまして、失礼ながら、鯨先生にしては正当派本格ミステリになっているように思います。

民間伝承上の「鬼」の正体に迫る謎解きも面白いです。
タイトルを見ると、なんだか堅苦しそうですが、そこは鯨先生のこと。
一気に読んでしまえる軽妙な文章ですのでご安心を。


こんな人にお薦め

* 心に「鬼」が棲んでいるかもしれないあなた
* 無難なところから鯨ワールドに入りたいあなた
* 鯨作品は本格ミステリとは言えないと思い込んでいるあなた

この作品の詳細な書評はコチラ ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「鬼のすべて」 書評ページ
鯨統一郎ファンサイト鋭意制作中のFLIPです。

そんなわけでkujira強化月間ですので、今日はこれ。


「神田川」です!
他にも「勝手にしやがれ」「UFO」など名曲が目白押し……?
はい。
ミステリです。
タイトル通り見立て殺人です。
そう!

これらの名曲に見立てた殺人事件が起こるのです!

……そして、大川探偵事務所の面々と事件関係者が一同に会するところに間暮警部と部下の谷田貝刑事の流麗な歌声が響くとき,事件は動き出すのです!

「この部屋の中に犯人がいます」

間暮警部は言い放ちます!
そこにいる事件関係者がたった一人でも!


収録作品

* 第一話 「神田川」見立て殺人
* 第二話 「手紙」見立て殺人
* 第三話 「別れても好きな人」見立て殺人
* 第四話 「四つのお願い」見立て殺人
* 第五話 「空に太陽があるかぎり」見立て殺人
* 第六話 「勝手にしやがれ」見立て殺人
* 第七話 「懺悔の値打ちもない」見立て殺人
* 第八話 「UFO」見立て殺人
* 第九話 「さよならをするために」見立て殺人

こんな人にお薦め

* 懐メロ好きなあなた
* 迅速解決なミステリが好きなあなた
* 鯨先生の作風を知りたいあなた

この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「「神田川」見立て殺人 間暮警部の事件簿」 書評ページ
鯨統一郎のファンサイトを作ろうと目論むFLIPです。

そんなわけで、今回は鯨先生のデビュー作「邪馬台国はどこですか?」の書評です。


第三回創元推理短編賞の一次選考は通過したものの受賞を逃した表題作に、シリーズものとして五作品を追加し刊行された作品です。

あるショットバーで顔を合わせる三人――自称、在野の歴史研究家の宮田六郎、若き天才歴史学者(しかも美人)の早乙女静香と、同じく歴史学者の三谷教授――が毎度毎度歴史上のテーマについて議論を戦わせるという実に単純な物語なのです。

収録作品は
・ 悟りを開いたのはいつですか?
・ 邪馬台国はどこですか?
・ 聖徳太子は誰ですか?
・ 謀反の動機はなんですか?
・ 維新が起きたのはなぜですか?
・ 奇蹟はどのようになされたのですか?

となっておりまして、これだけで何となく各話の内容まで推測できてしまうというステキ仕様な小説です。

こう書くと、凡作のように思われるかもしれませんが、
名作です。

詳しいことは書評サイトの方に書きましたが、歴史の専門的要素とミステリ謎解き的要素が実にバランス良く配合されております。
また、ワンパターンな短編集ですが、そのワンパターンさに読者が飽きないための要素がしっかり詰まっております。

静香さま(♀)の男らしさにほれそうです。

各話のタイトルが「5W1H」になっている点にも注目。

「ワンパターン論」にまで言及した、この作品の詳しい書評はコチラ ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎 「邪馬台国はどこですか?」 書評ページ
今回は、ミステリ作家としてあまりなじみのない小沼丹先生の短編集「黒ハンカチ」です。

女学校の教師であるニシ・アズマ先生が、鋭い観察眼でもって身の回りに起こる事件を解決してゆく……という物語です。そう聞くと「日常の謎」系統のお話のようですが、実際そんな雰囲気です。
ただし、事件としては殺人、強盗、盗難……と結構物騒なのですが、あくまでも事件に対するアプローチが日常に良くあるような些細なことに対する観察から始まる、という点で「日常の謎」と言ってもよいと思います。



それにしても、初版が刊行されたのがなんと昭和38年。
そんな時代にこんなに現代にマッチするスタイルの本を書かれているとは驚きです。

登場人物達を温かく見守る、という雰囲気の文章も一見の価値ありですよ。

この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP 開かずの書斎 「黒いハンカチ」 書評ページ
わたしの運営する書評サイト「SIDE_FLIP あかずの書斎」はPukiwikiベースで、編集は楽だったものの、SEO的観点からも一つ納得いかない部分があったので、先日から通常のXHTML+CSSサイトにすべく、リニューアル作業を進めておりましたが……ようやく完成です。

未だ、ゲーム関係のコンテンツは移行できていないのですが、メインのミステリ書評の移行が完了したので一応正式オープンといたしました。

せっかくGoogleやYahooのインデックスに掲載されたものを放棄することになるので、しばらくは閲覧数が落ち込むだろうことが残念でありますが、仕方ありませぬ。

topページのアドレスは今までと変わりませんので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

ぜひ新サイトをご覧ください
今回は、ご自身奇術師でもいらっしゃる泡坂妻夫先生のこの作品です。


泡坂先生の書く人気探偵「亜愛一郎」のご先祖様「亜智一郎」が江戸幕府の閑職「雲見番」に身をやつし、将軍直属の隠密として、陰謀を暴き、謎を解く、連作短編集です。

ミステリとしては強引な謎が多い感がありますが、大奥、芝居、花街、花魁などその時代独特の風俗、文化に絡めた謎の提示が読者を飽きさせません。
とにかく「亜愛一郎」シリーズの読者なら必見です!

この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎 「亜智一郎の恐慌」 書評ページ