FC2ブログ
日常的記録文書

2019/031234567891011121314151617181920212223242526272829302019/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
童話新解釈とアリバイ崩しミステリ、そして昭和オタクネタが詰まったお得な一冊です。




著者 : 鯨統一郎
発行元 : 光文社
新書版発行 : 2001.6
文庫版発行 : 2004.6

桜川東子(さくらがわ はるこ)が童話・民話に隠された謎に絡めて難事件を解決するシリーズ第一弾です。まだ、桜川さんのキャラの魅力はできあがっていないような感じを受けます。
でも、オタクネタ、ミステリ要素、新解釈と鯨先生らしい要素がバランスよく入っていますので、鯨先生入門にもよい一冊だと思います。

収録作品

* 第一話 ヘンゼルとグレーテル
* 第二話 赤ずきん
* 第三話 ブレーメンの音楽隊
* 第四話 シンデレラ
* 第五話 白雪姫
* 第六話 長靴をはいた猫
* 第七話 いばら姫
* 第八話 狼と七匹の子ヤギ
* 第九話 小人の靴屋

こんな人にお薦め

* 大人になってから童話を読み返したことのあるあなた
* アリバイものが好きなあなた
* 安楽椅子探偵ものが好きなあなた


この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「九つの殺人メルヘン」 書評ページ
スポンサーサイト
マグレシリーズ(おそらく)完結編



著者 : 鯨統一郎
発行元 : 小学館
文庫版発行 : 2009.1

間暮警部シリーズの(おそらく)完結編。

初の長編で、今までのシリーズでちらほらと見え隠れしていた「ブラックローレライ」との全面対決!
そしてシリーズの謎の全貌が明らかになる。

こんな人にお薦め

* 昭和歌謡曲が好きなあなた
* 間暮警部シリーズが好きなあなた
* やっぱり年末は紅白なあなた

……っていうか

シリーズ未読の方にはおすすめしません!
怒濤のようにいろんな謎が明かされますので、ぜひシリーズはじめから読んでください。
シリーズの他の作品が楽しめなくなることはもちろん、この作品もよくわからないままエグイ展開に置いてきぼりを喰らう可能性がありますのでw


この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「完全無欠の名探偵」 書評ページ


著者 : 鯨統一郎
発行元 : 角川書店
文庫版発行 : 2003.10

伝説の文芸同人誌の復刊を目指す大学文芸部の活動と彼らを襲う惨劇の対比が鮮烈な文庫書き下ろし作品。

こんな人にお薦め

* 青春ミステリが好きなあなた
* サークル活動とかに打ち込んだ経験のあるあなた
* ハッピーエンドなんていらない! なあなた

あらすじ

以下文庫版裏表紙より引用

「伝説の文芸誌『あすなろの詩』を復刊しよう」――同じ志のもとに集まった6人の大学生たち。
小説家になることを夢見て、切磋琢磨する日々。
やがて芽生える友情、そして恋。

しかし…。
「あすなろの詩」が完成したとき恐るべき惨劇が待ち受けていることを、彼らは知るよしもなかった――。

希代のトリックスターが投げかける、かつてない「挑発」!「本格」青春ミステリー!

この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
あすなろの詩」 書評ページ
今回は一人8役に挑んだ鯨先生渾身の作品です。



著者 : 鯨統一郎
発行元 : 光文社
単行本発行 : 2002.8
文庫版発行 : 2005.9

証人、犯人、犠牲者、探偵役、ワトソン役、記録者、濡れ衣を着せられる容疑者、共犯者のひとり8役に挑戦する意欲作。

小劇団の合宿中に起こる殺人。
被害者は黒こげ、容疑者は姿を消し、現場で倒れていた関係者は記憶喪失。
……って、これのどこが一人8役!? と思われるかもしれませんが、やっぱり一人8役でした。

書く側の制約が厳しい分、先が読めてしまいそうにも思えますが、そこは鯨流・無茶トリックで最後まで読者を翻弄してくださいます。

まあ、ミステリに現実性を求める傾向の強い方にはそんなにおすすめしませんが……。

こんな人にお薦め

* 多少無茶でも変わった作品が読みたいあなた
* 「一人8役」この言葉にロマンを感じるあなた


この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
とんち探偵一休さん 謎解き道中
今回は「とんち探偵一休さん」シリーズ第2作のコチラ



著者 : 鯨統一郎
発行元 : 祥伝社
新書版発行 : 2003.5
文庫版発行 : 2006.2

「金閣寺に密室」につづくとんち探偵一休さんシリーズ第2作。
今回は茜の両親を捜す旅の道中で起こるさまざまな事件を解決する短編集。

オーソドックスなミステリ短編集ですが、前作「金閣寺に密室」でしっかりキャラが書かれている分、本作ではあまりキャラの深い描写が無く、淡々と進みますので、前作を読んでから取りかかることを強くお勧めします。

収録作品

* 第一話 難波・明の景色
* 第二話 大和・栗鼠の長屋
* 第三話 伊勢・魔除けの札
* 第四話 尾張・鬼の棲み家
* 第五話 駿河・広い庭
* 第六話 伊豆・鰻の寝床
* 第七話 相模・双子の函
* 第八話 武蔵・猫と草履

こんな人にお薦め

* 前作「金閣寺に密室」を読んだあなた
* アニメ・一休さん世代なあなた
* 気軽に読める短編集をお探しのあなた

この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
とんち探偵一休さん 謎解き道中
鯨マラソン一休み前の一冊はコチラ!


著者 : 鯨統一郎
発行元 : 東京創元社
文庫版発行 : 2005.2

「邪馬台国はどこですか?」につづいて、美人歴史学者・早乙女静香と在野の歴史研究家・宮田六郎が、繁華街のバーで歴史バトルを繰り広げます。

前作「邪馬台国はどこですか?」に比べると、史料に照らした論証の割合は減少し、少ない手がかりからひたすら論理(屁理屈?)の組み立てで結論を導くタイプの組み立てになっています。

まあ、扱うネタがネタなだけに、本格的な論証をこのボリュームに詰め込むことは無理でしょうし、ミステリとしてはこれでよいのかもしれません。

今回の謎は「新・世界の七不思議」
収録作品

* アトランティス大陸の不思議
* ストーンヘンジの不思議
* ピラミッドの不思議
* ノアの方舟の不思議
* 始皇帝の不思議
* ナスカの地上絵の不思議
* モアイ像の不思議

こんな人にお薦め

* 歴史、特に古代遺跡の謎が好きなあなた
* 気軽に読める短編集をお探しのあなた

この作品の詳しい書評はコチラ ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「マグレと都市伝説 間暮警部の事件簿」 書評ページ
さて、週末の鯨先生集中連載もこれで一段落です。



江戸時代を舞台に、早とちりの剣豪が悪を斬る。……が、「悪」を証明すのはいつも斬ったあと。

ワンパターンの巨匠が贈る、痛快時代劇。
初版は2006年2月発売の単行本です。

元々時代劇というのは、毎回毎回ワンパターンなものが多いのですが、それに輪をかけたようなワンパターンさです。
でも、「ワンパターン」が悪口にならないのが鯨先生の作風です。

歌謡曲好き(だと思うw)の鯨先生のお遊びも、密かに炸裂しております。

収録作品

* 山吹の好きな狼
* 川を渡った狼
* 密室の狼
* 湯煙に消えた狼
* 走り抜けた狼
* 雪化粧の狼
* 狼の群れ
* 甦った狼

こんな人にお薦め

* (ワンパターンな)時代劇をこよなく愛するあなた
* とにかく気楽に楽しみたいあなた
* オフコースが好きなあなた(読まないとわかりませんが!)

この作品の詳しい書評はコチラ ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「KAIKETSU! 赤頭巾侍」 書評ページ
相変わらず鯨先生強化キャンペーン中です。



現代の殺人事件を追いながら、伝承上の「鬼」の正体に迫る、鯨先生お得意の歴史・伝説の謎を絡めた作品。

なかなか多彩な謎と、ミスリードの罠、伏線などがたくさん盛り込まれていまして、失礼ながら、鯨先生にしては正当派本格ミステリになっているように思います。

民間伝承上の「鬼」の正体に迫る謎解きも面白いです。
タイトルを見ると、なんだか堅苦しそうですが、そこは鯨先生のこと。
一気に読んでしまえる軽妙な文章ですのでご安心を。


こんな人にお薦め

* 心に「鬼」が棲んでいるかもしれないあなた
* 無難なところから鯨ワールドに入りたいあなた
* 鯨作品は本格ミステリとは言えないと思い込んでいるあなた

この作品の詳細な書評はコチラ ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「鬼のすべて」 書評ページ
鯨統一郎ファンサイト鋭意制作中のFLIPです。

そんなわけでkujira強化月間ですので、今日はこれ。


「神田川」です!
他にも「勝手にしやがれ」「UFO」など名曲が目白押し……?
はい。
ミステリです。
タイトル通り見立て殺人です。
そう!

これらの名曲に見立てた殺人事件が起こるのです!

……そして、大川探偵事務所の面々と事件関係者が一同に会するところに間暮警部と部下の谷田貝刑事の流麗な歌声が響くとき,事件は動き出すのです!

「この部屋の中に犯人がいます」

間暮警部は言い放ちます!
そこにいる事件関係者がたった一人でも!


収録作品

* 第一話 「神田川」見立て殺人
* 第二話 「手紙」見立て殺人
* 第三話 「別れても好きな人」見立て殺人
* 第四話 「四つのお願い」見立て殺人
* 第五話 「空に太陽があるかぎり」見立て殺人
* 第六話 「勝手にしやがれ」見立て殺人
* 第七話 「懺悔の値打ちもない」見立て殺人
* 第八話 「UFO」見立て殺人
* 第九話 「さよならをするために」見立て殺人

こんな人にお薦め

* 懐メロ好きなあなた
* 迅速解決なミステリが好きなあなた
* 鯨先生の作風を知りたいあなた

この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「「神田川」見立て殺人 間暮警部の事件簿」 書評ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。