日常的記録文書

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
童話新解釈とアリバイ崩しミステリ、そして昭和オタクネタが詰まったお得な一冊です。




著者 : 鯨統一郎
発行元 : 光文社
新書版発行 : 2001.6
文庫版発行 : 2004.6

桜川東子(さくらがわ はるこ)が童話・民話に隠された謎に絡めて難事件を解決するシリーズ第一弾です。まだ、桜川さんのキャラの魅力はできあがっていないような感じを受けます。
でも、オタクネタ、ミステリ要素、新解釈と鯨先生らしい要素がバランスよく入っていますので、鯨先生入門にもよい一冊だと思います。

収録作品

* 第一話 ヘンゼルとグレーテル
* 第二話 赤ずきん
* 第三話 ブレーメンの音楽隊
* 第四話 シンデレラ
* 第五話 白雪姫
* 第六話 長靴をはいた猫
* 第七話 いばら姫
* 第八話 狼と七匹の子ヤギ
* 第九話 小人の靴屋

こんな人にお薦め

* 大人になってから童話を読み返したことのあるあなた
* アリバイものが好きなあなた
* 安楽椅子探偵ものが好きなあなた


この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「九つの殺人メルヘン」 書評ページ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。