FC2ブログ
日常的記録文書

2019/081234567891011121314151617181920212223242526272829302019/10



「狂気」「逸脱」をコンセプトに編まれた実験的な短編集。1995年度の「このミステリーがすごい!」の第一位に選ばれた作品です。

山口雅也先生の代表作の一つともいわれる作品らしいのですが……正直私には合わんかったです。

メタミステリっぽいのとか、読者を物語の中に取り込む手法とか、良く言えば実験的なのですが、私にはその実験が成功しているようには見えませんでした。

ミステリとしても、ただのブラックユーモアにしか思われないようなものが多く、少なくともミステリ好きの人にお薦めはできません。もちろん単に小説としてみた場合にはこう言うのが好きな人もいるかもですが……。

論理的な謎解きよりも、不条理世界が描かれているようなタイプの物語を求める人にはよいかもです。

私にはめずらしく、かなり辛口ずくめの書評になってしまったのですが、よろしければご覧くだされ。
この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎 「ミステリーズ 《完全版》」 書評ページ
スポンサーサイト