日常的記録文書

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、鯨マラソンを一休みして、西澤先生の匠千暁シリーズです。

うん。ちょっと休まないと、脳みそが完全に鯨脳になってしまいそうですので。



著者 : 西澤保彦
発行元 : 角川書店
新書版発行 : 1996.8
文庫版発行 : 2000.5
発行元 : 幻冬舎
文庫版発行 : 2008.6

※ 角川書店から発売された新書版(角川ノベルス)には副題「匠千暁第一の事件」がついている。

匠千暁(タック)、辺見祐輔(ボアン先輩)、羽迫由起子(ウサコ)、高瀬千帆(タカチ)の四人が活躍するタック&タカチシリーズの第二弾。
時系列的には匠千暁シリーズ第一の事件である。

いつもの妄想爆裂型安楽椅子探偵小説ですが。
なかなかよかったです。

見事に裏に表にひっくり返してくださいました。

こんな人にお薦め

* 安楽椅子探偵型の物語がお好みのあなた
* 匠千暁シリーズの入口はコチラ
* ユーモアの中にもダークな味わいを求めるあなた

この作品の詳しい書評はコチラ ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「彼女が死んだ夜」 書評ページ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。