FC2ブログ
日常的記録文書

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は「とんち探偵一休さん」シリーズ第2作のコチラ



著者 : 鯨統一郎
発行元 : 祥伝社
新書版発行 : 2003.5
文庫版発行 : 2006.2

「金閣寺に密室」につづくとんち探偵一休さんシリーズ第2作。
今回は茜の両親を捜す旅の道中で起こるさまざまな事件を解決する短編集。

オーソドックスなミステリ短編集ですが、前作「金閣寺に密室」でしっかりキャラが書かれている分、本作ではあまりキャラの深い描写が無く、淡々と進みますので、前作を読んでから取りかかることを強くお勧めします。

収録作品

* 第一話 難波・明の景色
* 第二話 大和・栗鼠の長屋
* 第三話 伊勢・魔除けの札
* 第四話 尾張・鬼の棲み家
* 第五話 駿河・広い庭
* 第六話 伊豆・鰻の寝床
* 第七話 相模・双子の函
* 第八話 武蔵・猫と草履

こんな人にお薦め

* 前作「金閣寺に密室」を読んだあなた
* アニメ・一休さん世代なあなた
* 気軽に読める短編集をお探しのあなた

この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
とんち探偵一休さん 謎解き道中
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。