日常的記録文書

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が名は「倭國之ふりっぷ」
「わのくにの」と読む。遠く倭の國からやってきたという脳内設定だ。

前回は水鏡先生のお言葉により、長安に出立するところまでを話したと思う。装備を調え、いざ長安へ向かう。さんざん歩き回った荊州を抜け、いざ司隷へ。

む。
敵が……強い。さすが大都市のある土地は何から何までレベルが高い。
もちろん大したことはないのだが、長安に早く到着したい私はあえて敵を避けて進むことにした。
そして、ついに長安へ。さすがにデカイ。さすがの私もこの重厚な城壁には圧倒されそうであったが、そんなことでは今後の立身出世はおぼつかぬ、と考え直し、大胆にも自作の看板を城門に掲げてやることにした。もちろん記念撮影も敢行したので、見ていただきたい。
SOL20070930212300.jpg燦然と輝くわしが作った長安の看板。


ちなみにこの看板は、そのできの良さに感服した誰かが勝手に持って行ってしまったらしく、いまは、もうない。

そして、場内に足を踏み入れた私を待っていたのは、人・人・人の大洪水であった。
SOL20070930212400.jpg初めて足を踏み入れる長安の地

さすが大都会。
私になんとふさわしい街か。
何はともあれこの土地に足をつけて生活をするために、水鏡村で作ってきたふりっぷ謹製の薬を売りながら、しばらくは町人の依頼を請け負って過ごす。……であったが、薬が売れない。不思議に思い、周りを見回すと、なんと私の見たこともないような妙薬があちこちで売られているではないか! 私はもしかして単なる世間知らずの田舎者だったのであろうか?

否。
まだまだ修練が足りないだけに違いない。…………くっ。

ある日、そんな不撓不屈の精神を持つ私に、さらなる転機が訪れる。
街の一角にやたら人が集まっているところがあったので、興味本位でのぞいてみると、なんと! 蜀の求人活動ではないかっ!蜀と言えばあの人徳高い劉玄徳殿の国。しかも配下には義兄弟の関羽殿に張飛殿、(以下、敬称略とする)諸葛亮に趙雲、黄中など名だたる武将がひしめき合う名門であり、まさに私が仕官するにふさわしい国である。
と言うわけで、元々蜀への仕官を考えていた私は、あっさり蜀への仕官を決めたのであった。 
ちょっと役人の態度が偉そうではあるが、いずれおまえも私の配下としてくれるわ。
SOL20070930213603.jpgSOL20070930213800.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。